本文へスキップ

私の履歴書

 無名の県立高校でビリだった私が、何故学校創立以来初の早稲田大学法学部の合格者になれたのか、そのきっかけとなった出来事とその後の人生についてご紹介します。

(スポンサードリンク)

●第五章
いざ早稲田大学へ 大学で出会った破茶滅茶な仲間たち
⓱「君たちは早稲田大学法学部史上最低の学生だ!」と教授に言わしめた仲間たちのその後

 大学生活最後の日に皆が集まった時、何とも言えない寂しい気持ちになりました。
 早稲田は地方出身者が多く、この日を最後に多くの仲間が散り散りバラバラになってしまうからです。
 最後の最後「お互いの結婚式の時には、交通費は出さない、その代わりお祝いは2万円」と言うルールを決め、「じゃあまたね」と言ってみんなと別れました。
 裏を返せば「お互いの結婚式の時にまた会おうぜ!」と言う意味だったのですが、多くの仲間とはそれ以来会うことはありませんでした。
 卒業から30数年が経過し、そろそろサラリーマン生活にも終わりが見え始めると、昔の仲間に会いたいと言う思いが強くなって来ました。それは私だけではなかったようで、ちょうどその頃facebookを介して、何人かの仲間が友達申請をして来たのです。
 これをきっけに仲間内でゴルフに行くようになったりしたのですが、だんだん繋がりを辿れるようになり、連絡をつけることが出来る人数が10数名になったことから、クラス会を開くことになりました。
 約30年ぶりに会いましたが、みな昔の面影を残しており、すぐに分かりました(そうは言っても、街であったら分からないと思いますけど)。
 「久しぶり!」ほとんどの仲間が30年ぶりですから、本当に久しぶりでした。名刺を交換し合い、近況報告をしました。
 みんな人としては昔のままなのですが、名刺の肩書を見るとそれぞれ立派になっていました。「この30年間、みんな頑張って生きて来たんだなぁ~」私はそう感じていました。
 あれほどふざけた連中でしたが、根は真面目で能力も高いので、それぞれの道で活躍が出来たのでしょう。クラス会は大いに盛り上がり、30数年間の時間の溝が一気に埋まりました。
 早稲田大学法学部を出た我々の仲間が、30数年後にどのような仕事に就いているのかについてご紹介しておきます(今回再会した人の情報のみ掲載します)。

●「早稲田大学法学部史上最低の学生」と言われた仲間たちの現在
名前
出身地

出身校
現在の
仕事
略歴・その他
O氏
熊本

私立高校
司法
書士
 飛行機で熊本に帰る日に法哲学の試験の結果が不可と分かり、追試を受けて何とか卒業。地元に帰って司法書士となり、今では県内でも指折りの司法書士となっている。
K氏
東京

附属・系属
パイロット
機長
 系属高の野球部出身。背も高く格好良いのでモテまくっていた。勉強(特に語学)はさっぱりだったが、驚いたことに今では管制塔と英語でやりとりをしているらしい。
M氏
千葉

県立高校
某ガス会社
出向
 体育会ラグビー部所属。ラグビーがしたくて2浪の末早稲田に入学した努力家だが、大手生保に就職が決まっていたにも拘らず留年し、その後銀行に就職した。
H氏
東京

附属・系属
大手
不動産
子会社
社長
 入学直後の自己紹介で「勉強出来ないから宜しく」と言っていた通り留年。留年中に宅建を取り、大手不動産会社に就職。関連会社の社長を務めるまでになった。
N氏
埼玉

県立高校
農林系金融機関
次長
 自宅が埼玉の奥地で、「さいたまんぞう」と呼ばれていた。貸した金をなかなか返してくれなかった男が金融機関に就職。少し前に会った時に何と奢ってくれた。
K氏
神奈川

県立高校
弁護士  大学4年の春に「俺、就活はしない。弁護士になるから!」と突如言い出し、あっという間に司法試験に合格。大学4年まで法律を全く知らなかった男が弁護士になるとは…
T氏
東京

私立高校
NPO
法人
 大手電機メーカーのジャカルタ責任者をしていたが、社会貢献に目覚め、現在はNPO法人に勤務。青春ドラマが大好きで、自ら「俺は青春小僧だ」と言っていた。
A氏
東京

国立高校
大手証券会社
部長
 政府系金融機関に就職するも、破たんにより大手証券会社に転職(部長)。卒業アルバムには、絶対に載せてはいけない彼のあるモノがドアップで載っている。
T氏
東京

附属・系属
大手証券会社
部長
 入学当時は体育会バレー部に所属していたが、途中で退部。授業をさぼることが多く、何度も彼の代返をした記憶がある。現在は大手証券会社の部長職として活躍中。
K氏
宮城

県立高校
不明  大学2年の夏休み明けに学校に行ったら、パパになっていた(いわゆる学生結婚)。大学卒業後は大手生命保険会社に勤務するも退職。現在何をしているかは聞けなかった。
I氏
神奈川

県立高校
大学
講師
 クラスに3人しかいなかった女子の1人。現在女子大の講師をしているが、それを聞いたA氏から「学生を入れて飲み会しようよ」と何度も声を掛けられていた。
H氏
東京

都立高校
不動産
鑑定士
 数少ない現役合格者の1人。よく一緒に遊んだが、私と違って将来のことをよく考えていて、学生時代に行政書士の資格を取得。現在は不動産鑑定士として活躍中。

 いかがでしょうか? 教授から「君たちは早稲田大学法学部史上最低の学生だ!」と言われた割には、みんな頑張っていると思います。
 クラス会で近況を聞いて、私なんかよりも遥かに頑張っているなぁと感じました。彼らと再会できたことで、自分ももっと頑張らないといけないと再認識しました。

 次の頁は『⓲大学を卒業、就職してから今日までの私の歩み』です。
(スポンサードリンク)