本文へスキップ

私の履歴書

 無名の県立高校でビリだった私が、何故学校創立以来初の早稲田大学法学部の合格者になれたのか、そのきっかけとなった出来事とその後の人生についてご紹介します。

(スポンサードリンク)

はじめにお読みください

-目次(index)-
  
●第一章
「自分は頭が悪い!」ということに気づいていなかった高校時代
❶何と受験者全員が合格!ラッキーに恵まれて高校へ進学
❷部活に明け暮れ、全く勉強をしなかった毎日(カノッサの屈辱で0点を逃れる)
❸高3の模擬試験で偏差値31(全大学E判定)で学年ビリに、流石に「これはマズい」と思った私!

●第二章
大学受験1 ~甘くなかった、と言うより当然の全校不合格

❹高校の担任との進路面談「お前の受けるべき大学はココだ!」に反発
❺受験した大学は全て不合格なるも、一校だけ補欠通知が!
❻人生最大の衝撃!? 悪友のM君が明治大学法学部に現役合格!!

●第三章
大学受験2 ~浪人生活に突入、予備校に薄氷の思いで合格

❼大ショック!駿台予備校を目指すも1度目の試験は不合格に
❽駿台予備校で出会った仲間たち
❾意外にも楽しかった浪人生活
❿当時の勉強法について1(スケジュールの立て方と唯一決めたルール)
⓫当時の勉強法について2(科目別の勉強方法)

●第四章
いよいよ受験本番、「やるだけはやった」と言う開き直りの心境

⓬受験直前、もはや焦りなどなかった
⓭第一志望の慶応大学で大失敗!そして意外な大学から合格通知が!!
⓮早稲田受験は連荘がスタンダード!政経・法・商学部を連続受験
⓯早稲田大学法学部に合格! 6勝2敗の結果に!!

●第五章
いざ早稲田大学へ!
大学で出会った破茶滅茶な仲間たち

⓰どうせ「がり勉」しかいないだろうと思っていたら…
⓱「君たちは早稲田大学法学部史上最低の学生だ!」と教授に言わしめた仲間たちのその後
⓲大学を卒業、就職してから今日までの私の歩み

●第六章
これから受験を迎える皆さんへ

⓳人間努力すれば、ある程度までは希望が叶う
⓴今感じる受験勉強の意義と有名大学に行くメリット(私から皆さんへのメッセージです) 

(スポンサードリンク)